フォローする

はてな

Twitter

Feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たらればろん

敵が増えると思うんです。

やりたいことって何だろう。

どうも、就活生です。

 

3月から就活解禁になり、僕と同い年の子たちがいっせいに動き出した。

 

この流れに乗らないとって、僕もとりあえず髪を短くし、黒にした。

 

4月の半ばに入り、もう内定が出ている子も出ている。

 

でも、僕はこの就活ってものにどうも本気になれない。

 

友達と話すと、「君は就活しなそうだ」とか「アンチ社会でしょ?」とか言われるけどそんなこともない。社会貢献したい!!日本の役に立つ!とかは死んでも言えないがそれなりに生きてそれなりに死にたいと考えてるので、国家転覆が僕の夢ですだとかは考えたこともない。

 

つまり、それなりに生きてそれなりに死にたいってこと。

 

そんな僕でも1つ譲れないものが出てきた、仕事は選びたいっていうわがままだ。

 

この前の説明会で少し印象に残ったことがある。いろんなことをやっていて面白そうだと直感で感じたところに足を運んだ時だ

 

興味だけで行った僕とはみんなの目が違った、真剣だ。一生懸命練られた志望動機。おそらく何度も手直しをしたであろう、学生時代に頑張ったこと。これが同じ年なのか?と不思議がることしかできなかった。一生懸命に自分のやってきたを鼻高々に語っている。

 

僕はあの異様な空間に圧倒された。僕が本気になれないところを必死になってやる人がいるんだと。

 

面接の終わりに慌ただしく帰る一人の女の子に声をかけてみた。面接で受け答えもはっきりしてたし、きっとああいう人が受かるんだなと少し興味があった。

 

彼女と話すとすごい引っかかる言葉を聞いた。

 

「この業界狭いからね」

 

業界で選ぶんだろうか、業界がよければそれだけでいいんだろうか、わからない本当にわからない、

 

そんな彼女は矢継ぎ早に違う説明会に行った。

 

受かったのかなー。ライン聞いとけばよかったな。