フォローする

はてな

Twitter

Feedly
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たらればろん

敵が増えると思うんです。

やりたいことって何だろう。

どうも、就活生です。

 

3月から就活解禁になり、僕と同い年の子たちがいっせいに動き出した。

 

この流れに乗らないとって、僕もとりあえず髪を短くし、黒にした。

 

4月の半ばに入り、もう内定が出ている子も出ている。

 

でも、僕はこの就活ってものにどうも本気になれない。

 

友達と話すと、「君は就活しなそうだ」とか「アンチ社会でしょ?」とか言われるけどそんなこともない。社会貢献したい!!日本の役に立つ!とかは死んでも言えないがそれなりに生きてそれなりに死にたいと考えてるので、国家転覆が僕の夢ですだとかは考えたこともない。

 

つまり、それなりに生きてそれなりに死にたいってこと。

 

そんな僕でも1つ譲れないものが出てきた、仕事は選びたいっていうわがままだ。

 

この前の説明会で少し印象に残ったことがある。いろんなことをやっていて面白そうだと直感で感じたところに足を運んだ時だ

 

興味だけで行った僕とはみんなの目が違った、真剣だ。一生懸命練られた志望動機。おそらく何度も手直しをしたであろう、学生時代に頑張ったこと。これが同じ年なのか?と不思議がることしかできなかった。一生懸命に自分のやってきたを鼻高々に語っている。

 

僕はあの異様な空間に圧倒された。僕が本気になれないところを必死になってやる人がいるんだと。

 

面接の終わりに慌ただしく帰る一人の女の子に声をかけてみた。面接で受け答えもはっきりしてたし、きっとああいう人が受かるんだなと少し興味があった。

 

彼女と話すとすごい引っかかる言葉を聞いた。

 

「この業界狭いからね」

 

業界で選ぶんだろうか、業界がよければそれだけでいいんだろうか、わからない本当にわからない、

 

そんな彼女は矢継ぎ早に違う説明会に行った。

 

受かったのかなー。ライン聞いとけばよかったな。

 

 

 

 

snow盛りならぬフォトショ盛りを使って、Tinderで優勝を狙ってみた。

 

どうも皆さん、初めまして、

f:id:tatatatata1220:20170330035013j:plain

 

たっくんと申します。

 

今、圧倒的スピードで、他の追随を許さないTwitterアカウントをご存知だろうか。

 

名は「暇な女子大生」

 

 

 

夜な夜なtinderというマッチングアプリで、エリートの食べログを行っている女子大生だ。
何よりも驚くべきなのは彼女のワードセンス。「膣ドカタ」「優勝」などおよそ一般女子大生とが思えない語彙力の高さボキャブラリーの引き出しの多さ、敬服に値するのである。

 

 

 

フォロワーも爆速の勢いで増え、今や12万人。長渕剛が行った10万人ライブ以上の観客数をほこっている。中京区の人口と同じくらい考えるとお分かりいただけるだろうか。

 

 

 

 

 

僕は大阪府民なのでわからない。

 

 

 

 

 

もはや、化け物とまで揶揄されている彼女だが、顔は未だに決勝で敗退した準優勝エリートおちんぽしか拝むことができていないのである。彼女は本当に存在しているのかは未だ謎のままである。

 

 

少し暇な女子大生について書いたが、

 

 

 

 

そんなことはどうでもいいんだ。

 

 

 

 

 

Tinderで優勝がしてぇぇ。食べログがしてぇぇぇんだよぉぉオオ!!!

 

 

 

f:id:tatatatata1220:20170330035739j:plain

 

ということで、今回は、あの暇な女子大生が使っているTinderを使って「優勝」できるか検証していきたいと思います。

※この記事はもちろんtinderの依頼でやっているわけではないです。 

続きを読む

市場を理解できていないブスほどタチの悪いものはない。

目を細めながら、指たちを必死に稼働させqwertyuipp…と羅列されたアルフェベットと戦っている、全身グレーの足元ドクターマーチン男子を見たことがあるだろうか。





それはかなりの確率でワタシだ。







すね毛がパンツと靴下の狭間からコンニチハしてればマチガイ無くワタシだ






そんなマーチンはこう語る。






「可愛い女の子が好きだ」






これが日本人の大体、まあ、なんと言いますか69%の男の子が思うことにに間違い無いと思うのもワタシなのである。






可愛いは正義ということは真実と思いたいのもワタシだ。






ここでワタシとキミの意見に相違があれば、戻るボタンを押してクソつまんないと引用RTを狙うのもワタシ






そうでないことを願いたいのもワタシだ。









ワタシワタシうるさいのでワタシをハズしてみようワタシ。




某センテンススプリングミセイネンインシュハ、ワタシイガイワタシジャナイノとケツからプラスチック爆弾突っ込んだような声で歌っていたわけだがそれはまた別のお話。





だからと言って、別にブスが嫌いなわけじゃない そもそもワタシ、おっと失礼、主の顔面偏差値だって人前で大声で発表できるものでもない。ここだけは理解していただきたい。ブスがブスを語っているというだけの話だと





端正なルックスの男女が情報サイトで記事を書いているだろうか。霊長類最強の唇と称される石原さとみが、「これをつければあなたもモテモテ!?女子力アップ便利グッズ◯選!!」みたいな物を寄稿するだろうか。





答えは知らない。多分いるかもしれないがいないかもしれないそんなことはわからない。





そんな主だが、自分の市場をわかっていないブスには、もうめちゃんこ厳しい意見を言いたくなる。そりゃもう再起不能になるくらいには。







その最たる例が、



「ちょー♡恋バナしよ!!」だと思っている。



ほうほう、恋バナ。


お互いまたは複数の女性ないし男性を集めて、互いの恋愛経験というカードをいくつかのカードに刻み、そのカードを出し合いながらトークという名のバトルを行う遊び。身の削りあい。過去という思い出を焼却し合う血みどろの戦い。それが恋バナだと私は思っている。



そもそもの話だが、ブスの恋愛に興味があるのか。


最近という名の太古の記憶を必死にかさ増ししながら話すために、そのキレは増していく。久保帯人先生も驚きのあまり「何…だと」と形容するに違いない。
だが彼女たちはとどまることを知らない。






好きなタイプはどうだ身長はどうだ、髪型はどうだ、好きな仕草はどうだmあlsfcあsフェcscvと。およそ男性では想像もつかない緻密なペルソナを作り上げてくるのである。
大体出来上がるのは菅田将暉か坂口健太郎か星野源だろう。




ああ、ここで気づくのだ、彼らはリアルな手触りのある「彼氏」を求めているんじゃないんだ。トキメキの中にあるスダマサキなどを所望、熱望、待望してるのだと。


そんな奴らには、そもそもスダマサキは降ってこないだろうし、そもそもスダマサキってなんだよスガキヤスガシカオか?ともなるのである。スガシカオは粉チーズのぶっかけすぎでよく怒られるらしい。至極どうでもいい話だ。



何が言いたいかっていうと、


そう、おっぱいは正義なんだ。














「ヒッチハイクしました!!」って意気揚々に言うけど、それって無賃乗車じゃないの。


この冒頭だけ見れば僕はヒッチハイカーを全員敵にしていることになる。




文面だけ捉えればそうだろう。マスメディアなら「ヒッチハイク痛烈批判!!!」と書かれても何も言えない。権力怖いぃぃいぃぃぃぃぃいいい!!!









弁明させてもらうが僕は別にヒッチハイクという行為自体は嫌いではない。

 



すごい勇気のいることだと思うし、僕はそんなこと機会がないとやろうとも思わない。というかできない。








だからヒッチハイク自体は、良い悪いといったものではなくて、すごいことだと思う。







でもそれは旅をする人にとっての話で、それ以外の人がするヒッチハイクはただの無賃乗車ではないのかと最近思うようになった。







sns上で「今から皆でヒッチハイクしようと思います!!行き先は〇〇」みたいなものを見るたびにこの思いが一層強くなる。





僕が嫌いなのはsnsのプロフィールに「ヒッチハイク」って書いちゃう系大学生。






そもそも





そのプロフィールいる?







ヒッチハイクってあれじゃないの、あくまで移動手段。そこが主役じゃないでしょ。





これが僕の言いたいことで、そもそもヒッチハイクをする理由はそこにあるのか。自分たちが免許持ってない、レンタカー借りるお金がないからやっているのだろうか。




そもそも





みんなで行く意味はあるのか。





ああん?ドゥーううゆーあんだぁあsたん度






ヒッチするのに皆でやるってなんだ?仲間か?ワン◯ピースのルフ◯もびっくりの仲良しっぷりだなおい。






冷静に考えてみてくれ、SAでたくさんの子がスケッチブックを持ってるんだろ?とりあえずスケッチブックに書いちゃうだろ!




妄想だ偏見だ気にしないでくれ。キッラキラの笑顔を振りまきながら〇〇方面ってかいてるんだろ。震えるぜ。

 




それが終わると意気揚々に「ヒッチで〇〇行ってきました!!まさかの1人目で目的地に!!出会いに感謝!!とか言っちゃうんだろ。






目的地のことは?君は目的地の場所で何を学んだの?何を学ぶためにヒッチを使ってそこに行ったの?学べないことも確かにあるかもしれないけど、ヒッチのこと熱くつぶやかないで。それは無賃乗車となんら変わらないでしょ?







例えば、新幹線で隣になったおばあちゃんと話し込んで「人生っていろいろあるよな。やっぱり長生きしてる方が経験豊富!いい話聞けた☆」とか言っちゃうのと変わらないでしょ。






そう奴に限って、やってみたらわかるよ。世界が変わるから。







って鼻の穴大っきく膨らましながら語りだしてくるんだよ。






それだけで変わる世界なら違うことでchange the worldだし、そもそも世界が変わるって何だ。人の好意にあぐらをかける厚かましさが増すのか。初対面の人に一生懸命自分の人生について熱く語る厚かましさが増すのか。






これ以上書くと、もうただの愚痴なので終わろうと思う。というか愚痴だ。





今日はこの辺で